お知らせ

1学期には、自分の手を描く鉛筆デッサンの授業を行いました。そこでは正しい手の構造と美しい明暗を表現することをねらいとしました。                  2学期になり、思い切って正反対の表現、影を描くのではなく、ニードル(針)を使い光を描くことで表現させるスクラッチボードに挑戦させ、あらためて明暗について考えさせました。
 生徒たちは、表現方法の違いに戸惑い混乱をしていました。また、消しゴムで消せる鉛筆の表現ではなく、ニードルで掘っていく作業のため躊躇する生徒が多くいました。やはり、カービングの作業の表現には勇気がいるようです。肌や布の表現の違いにも注目させ、常に光を意識させ、前向きな失敗には、もう1枚あげるからと嘘を言い後押しをしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加